お問い合わせ

第4回受賞作品発表

大賞3作品、準大賞20作品、学校賞受賞校名をご紹介いたします。
受賞者の皆さまの大切な思いがつまった「わたし遺産」。
ぜひご覧ください。

第4回大賞作品[3作品] 第4回準大賞作品[20作品] 第4回準大賞作品[20作品]

第4回選定を終えて

栗田 亘 くりた わたる
栗田 亘 (コラムニスト)

「恩師」という言葉が生きていた!

回を重ねるごとに、応募作品全体のレベルが上がっています。担当した大賞(「卒業」証書)の取材では、死語に近いと思いこんでいた「恩師」とか「師弟」といった言葉が、実は確かに生きていることに感動しました。

穂村 弘 ほむら ひろし
穂村 弘 (歌人)

時間の宝箱

一つの言葉やモノの背後にある物語、それらが鮮やかに立ちあがってくる作品たちに出会うことができました。「わたし」にとっての特別な時間を封じ込めた宝箱、言葉やモノとはそれを開くための呪文であり鍵なんだろう。

大平 一枝 おおだいら かずえ
大平(おおだいら) 一枝 (ライター)

形のあるなしにかかわらず

言葉、行為、ならい。今年は形のないさまざまな遺産に光が当たった。その根底に流れているのは人を思う心、なのだろう。わたし遺産に気づき、すくいとる視点に新しさを感じた。コンセプトの無限性を実感する年だった。

ページトップへ戻る