ご退職を迎えるお客さまへ〜運用ってどんな方法があるの?

 三井住友信託ファンドラップは、元本割れとなるリスクがあります。
また各種手数料等の費用がかかりますので、こちらのご注意事項をお読みください。

退職金の運用でお悩みですか?〜長く安心して運用を続けるための“ヒケツ”は? 分散投資+適切な見直し〜

退職金運用ってどんな方法があるのでしょうか?

退職金運用には様々なお考えがあります。

ご自身のお考え イメージ図

Aのお客さま

積極的な運用をご希望ですね。
ですが、日本株(もしくは特定の資産)が下落局面に入った時、不安がございませんか?また、資産運用は短期ではなく、長期的な側面も考慮していく必要があります。
もう少しリスクを分散する運用方法をご検討されてみてはいかがでしょうか?

Bのお客さま

こちらも積極的な運用方針ですね。全額資産運用は心配だけど、半分位なら・・・でもAの方と同様に市場環境が悪化した時は、やっぱり不安ですね。安心して運用を行うためには、ご自身が取り得るリスクをご認識の上、株式のようなリスク資産についても分散する運用方法をご検討されてみてはいかがでしょうか?

Cのお客さま Dのお客さま

せっかくの退職金だから減らしたくない、資産運用には消極的ですね。ですが、新聞・ニュースで市場環境の好調を耳にした時など、「やっぱり少しは運用した方が良いのかな・・・」と思うこともありますよね。
また定期預金は元本が守られるという意味では安全ですが、インフレや増税などの負担が加速する環境を考えると安心とは言えません。
大切なのは「リスクと上手に付き合うこと」です。
このページで資産運用について考えてみませんか?

過去の市場環境を振り返ってみると、成功のヒケツは「分散投資」「下落リスクの抑制」「運用資産の適切な見直し」であることがわかります。

では次のページで、過去の市場環境からA〜Dの各モデルについて検証してみましょう。

こちらをクリック!!

ページの先頭へ