寄与分、特別受益の持戻し

被相続人の生前の財産形成に対する特別の貢献やそれまでに相続人に対する財産の贈与がある場合、法定相続分どおり配分することは、必ずしも公平とはいえません。このような場合、遺産取得額を調整する、寄与分および特別受益の制度があります。

寄与分

共同相続人の中に、被相続人の財産の維持または増加に特別に寄与した人(寄与者)がいる場合、共同相続人間の公平の観点から寄与者に対して相応の額を「寄与分」として認める制度です。寄与分は、共同相続人全員の協議で定めることが原則で、相続財産の中から当該寄与分を差し引き、残額を相続財産とみなして法定相続分により相続分を算定します。寄与者は、寄与分に上記により算定された相続分を加えた額を取得します。

特別受益

共同相続人の中に、婚姻や養子縁組のときの持参金・支度金、または営業資金の援助などの生計の資本としての財産を、生前に被相続人から贈与された人や遺贈を受けた人(特別受益者)がいる場合、その財産は相続により得たものとみなして遺産配分を行います。生前贈与がある場合は、相続財産額に生前贈与財産額を加えたものを相続財産額とみなして法定相続分により具体的相続額を算定します。遺贈を受けた人がいる場合は、相続財産に遺贈分が含まれているので、法定相続分により相続分を算定し、遺贈を受けた人については算定した額から遺贈の額を差し引きます。

ページトップへ戻る