遺言・相続の法律と手続き

相続手続きの2つの方法

相続には法定相続と遺言相続の2つの方法があります。
日本では、遺言相続が優先されているとはいえ、遺言の習慣が少ないため、実際の相続においては、法定相続が主流となっています。

法定相続とは

法定相続とは、民法によって定められた「範囲と順位」に基づき遺産を引き継ぐことのできる人(「法定相続人」という)が、同法において定められた相続分(「法定相続分」という)に基づき配分する基本的な相続ルールです。
相続分が法定されているため、個別のケースにおいては家庭の実情にそぐわないこともあります。

  • 法定相続人
  • 法定相続分
  • 寄与分、特別受益の持戻し

遺言相続とは

法定相続に優先し、被相続人(遺言者)の意思に沿って遺産配分できるのが遺言制度で、満15歳以上であれば利用できます。
家庭の実情などに合わせた合理的な配分ができます。

  • 遺言の対象事項
  • 遺言の効用
  • 遺言書
  • 遺言書の作り方

ページトップへ戻る