三井住友信託銀行のCSR活動

自然資本

私たち人間の生活は、土壌、大気、水、生物などの自然資本に依拠しています。
食糧、飲料水、工業原材料を自然資本から得ており、排水、温暖化ガス、廃棄物なども自然資本に起因する生態系サービスによって浄化されています。しかし自然資本は無尽蔵ではなく、人類は持続可能な方法で活用しなければなりません。
当グループでは、「生物多様性保全行動指針」を策定し、自然資本の重要な要素である生物の多様性の保全に取り組んできました。2012年に、国連環境計画・金融イニシアティブの提唱する「自然資本ファイナンス・アライアンス(旧:自然資本宣言)」に署名し、取り組みの対象範囲を生物多様性の基盤となる、土壌、水、大気に拡大しました。今後も、金融商品・サービスおよび社会貢献活動で自然資本の維持・保全に貢献する取り組みを展開していきます。

  • 全ての基盤となる自然資本
  • グローバル視点での配慮
  • 自然資本の維持への貢献

ページトップへ戻る