三井住友信託銀行のサステナビリティ活動

ESG投資

当グループでは、1999年に日本で初めて責任投資ファンド(日興エコファンド)運用を開始しました。また、2003年には企業年金向けに日本で初めて責任投資ファンドを提供、2006年にはUNEP FIの署名機関になり、2010年には中国株の責任投資ファンドを開発しました。
三井住友信託銀行は責任ある機関投資家として、スチュワードシップ責任を果たすために『「責任ある機関投資家」の諸原則≪日本版スチュワードシップ・コード≫』の趣旨に賛同し、これを受け入れました。これに伴い、当社は「スチュワードシップ責任に関する対応方針」及び「日本版スチュワードシップ・コードの原則への対応方針」を定め、これら方針に従い、責任ある機関投資家としてスチュワードシップ責任を適切に果たしてまいります。
当グループは、アジア地域最大の資産規模を持つ資産運用会社であることを踏まえ、経験豊富なアナリストの活動とRI専任のファンドマネージャーのノウハウを生かし、当地域をけん引するリーダーとしてESG関連商品を積極的に展開しています。

  • 基本的な考え方
  • 機関投資家としてのESG活動
  • 責任投資原則(PRI)への積極的な関与
  • エンゲージメント
  • ESG評価と運用
  • 日本株RI旗艦ファンドの運用戦略
  • RI商品ラインアップ(投資信託)
  • 議決権行使

ページトップへ戻る